肌が白くなるの本当の意味とは一体?

肌が白くなる 画像

肌が白くなると言う言葉が普通に使われてもう何年も経ちますが、
そもそも肌が白くなるという概念を分かっている人はどれくらいいるでしょうか?

 

女性が求める肌が白くなるとは、本当の白塗り状態ではないはずです。

 

 

肌が白くなるの定義

 肌が白くなる 画像

 

肌が本来持って生まれた適正な白や透明感、明るさなどの
ニュアンスを含めて肌が白くなるというイメージが固まっています。

 

本来の肌が白くなるの意味は肌を白くすることではなく、紫外線から肌を守り、
シミやそばかすを防ぐ、というのが目的となっています。
肌を単に白くすることが本来の目的ではないことが分かりますね。

 

 

くすみのない肌

 肌が白くなる 画像

 

化粧品で肌が化学反応を起こすように真っ白になると逆に怖いですよね。
その意味ではなく、洗顔、スキンケアをしっかり行い、
くすみのない肌を目指すことが美肌の本来の意味なのです。

 

 

本来の意味を目指そう

 肌が白くなる 画像

 

シミや色素沈着が起こる前に予防したり、汚れを除去して
クリアな肌を作ることが肌が白くなるということですから、
まだシミや色素沈着などが起こっていない早い段階からの
ケアが大切となります。

 

 

肌が白くなる成分とは

厚生労働省が認めている肌が白くなる成分は全部で9種類あります。

 

ビタミンC誘導体

 肌が白くなる 画像
肌が白くなる効果のほかにも肌に与える影響がとても多いビタミンです。
ビタミンCは不安定な成分で、ビタミンC誘導体は安定した成分です。l

 

アルブチン

 肌が白くなる 画像
もともと化粧品に使われていたのβアルブチンです。
しかしαアルブチンのほうが肌が白くなる成分として広く認知されています。
一般的にアルブチンと呼ばれるものはβアルブチンのほうです。

 

コウジ酸

味噌、醤油など発酵食品に欠かすことが出来ない成分で、メラニンが
構成される時にチロシナーゼという酵素が働くのを阻害します。
安全性の高い肌が白くなる成分として知られています。

 

エラグ酸

イチゴの中から抽出された成分です。
チロシナーゼ酵素を抑制する効果があり、口に出来る果物から
抽出された成分なので肌への負担もかなり緩和出来ます。

 

ルシノール

モミの木の樹皮に含まれている成分をもとに開発された成分です。
肌に浸透しやすく、メラニンの合成に必要なチロシナーゼを抑制します。

 

リノール酸

食用油としても有名なベニバナ油から抽出された成分です。
そのままでは肌が白くなる効果はありませんが、リノール酸Sという成分に
開発されたことで肌が白くなる効果を感じることが出来るようになっています。

 

カモミラET

ハーブの一種カモミールに含まれる肌が白くなる成分。メラノサイトへの
情報伝達をシャットアウトする作用を持っています。

 

トラネキサム酸

抗炎症の目的で使われていた医薬品ですが、色素沈着を改善するという
効果も見られたため、肌が白くなる成分として認められました。

 

プラセンタ

 肌が白くなる 画像

 

胎盤から抽出されます。プランセンタには新陳代謝を活発にする
効果があります。古い角質がターンオーバーと共に剥がれやすくなるのを
サポートしてくれる成分です。

 

 

このように厚生労働省が認めた一般的に広く使われている肌が白くなる成分は
たくさんあります。この他にも各化粧品メーカーが開発している
肌が白くなる成分はたくさんありますから、今後どんどん増えていくでしょう。

 

 

肌が白くなるには時間がかかる

 肌が白くなる 画像

 

肌が白くなるコスメは効果が出るまで多少時間がかかるのが普通です。
化粧品でもシミを短期間で消すのが難しいのは、
肌の構造に問題があります。

 

シミの1つメラニンは角質となりターンオーバーで剥がれ落ちます。
しかし年齢を重ねると新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーが
正常のサイクルからずれてきます。
そして肌にメラニンが残り、シミとなるのです。

 

メラニンの生成が活発なところでは肌が白くなるコスメがメラニンを抑制するため
かかる時間としてはおよそ3ヶ月から半年はかかるようです。
しかしそれだけ時間をかけるとメラニンは取れるので、
肌が白くなるする際はじっくり継続することがが肝心です。

 

 

肌が白くなるは予防をメイン

 肌が白くなる 画像

 

肌が白くなるとは色素沈着がなく、白い肌を目指す美容上の用語である、
というように表現されていることも多いようですね。
注目したいのは白い肌を目指すという点です。

 

肌を白くすることではなく、白い肌を目指す、予防という意味が
込められています。紫外線やシミ、そばかすなどが出来る前に
肌が白くなるコスメを利用して対応することが大切なんですね。

 

 

上手な肌が白くなるコスメ選び

 肌が白くなる 画像

 

厚生労働省が認めている肌が白くなる有効成分は9種類ですが、
それぞれ働きが異なります。
それ以外でも同様の働きをする成分がありますから、有効なのは
どんなコスメなのか、実際自分の肌で確かめてみることは大切です。

 

自分の肌が白くなるコスメの有効成分が何かを把握しておいて、
効果がないと感じたら、その成分が入っている肌が白くなるアイテムは
次は選ばずに、異なる成分のアイテムを使ってみましょう。
自分に合った肌が白くなるコスメを選ぶためには地道な努力も必要なんですよ。

 

 

肌が白くなる薬・サプリ ランキング